Q1:なぜハイレゾで制作しているの?

 音楽の感動をさらに深めることができるからです。そのための手法の一つとしてハイレゾフォーマットを選択しました。
 きちんとした音で録音することも、よいミックスをすることも、ハイレゾで制作することも、すべてが重要でありどれか一つが特別ということはありません。

Q2:なぜ96kHz/24bitでリリースしているの?

 配信でリリースされているハイレゾ音源の多くがこのフォーマットだからです。
また、市場で販売されている対応機器のほぼすべてが96kHz/24bitの再生なら可能であるということも採用の理由でした。
 96kHz/24bitにこだわるということはなく、さらに上位のPCMフォーマットやDSDにもチャレンジしていきます。

Q3:配信でハイレゾを頒布しているのはなぜ?

 Beagle Kickでは、高音質音源の普及と啓蒙をサークルの活動指針の一つとしているため、現在のところハイレゾ販売の主流である配信という形態を取ることにしました。
 Beagle Kickをきっかけに様々な高音質配信サイトを知って頂き、他のハイレゾ音源にも親しんでいただけたらこんなに嬉しいことはありません。
 この理念に基づき、あえてDVD-RやUSBメモリといった物理メディアでの頒布は行っていません。
 

Q4:OTOTOY、DLsite.com、同人音楽の森で配信の内容に違いはありますか?

 楽曲内容は同じです。OTOTOYには、WAV、もしくはWAVとDSDをお渡ししています。DLsite.comと同人音楽の森には、タグ&ジャケ画像付きのFLAC(低圧縮率設定を採用)をお渡ししています。
 DLsite.comはシングル/アルバム購入のみで購入特典が付く場合もあります。同人音楽の森は単曲のみの販売です。
 OTOTOYで配信されているALACとFLACはOTOTOY側で変換されたものです。アルバム購入すると購入特典が付く場合もあります。
 

Q5:楽曲はどこで録音・ミックスされているの?

 和田貴史のプライベートスタジオ「Dimension Cruise Studio」で録音・ミックスを行っています。
 マスタリングのみ、外部のエンジニアの方に依頼することがあります。
 

Q6:CD版を先行リリースする理由は?

 誰でも気軽に楽しめるCDをはじめにリリースし、多くの方に聞いて欲しいという思いがあります。ハイレゾは魅力溢れるフォーマットですが、まだまだ聞くためのハードルがあるのも事実。
 ハイレゾを知らない方、まだ聞いたことの無い方にはCDから入ってハイレゾを体験していただきたいと思います。既にハイレゾを楽しまれている方は、音質比較に一枚、いかがでしょうか。
 

Q7:楽曲の利用はどうすればいいの?

 Beagle Kickは楽曲の著作権を放棄していません。従って、楽曲の利用にあたっては下記のように定めています。

商用目的の利用は、その内容に関わらず事前にメールにてご相談下さい。
商用目的でない利用の場合は、下記のようになります。

1.楽曲(原曲)そのものを利用したい

        利用内容を添えてメールにてお問い合わせ下さい。

2.演奏したい、アレンジしたい、リミックスしたい

        ご自由にどうぞ。極力、事前にメールにてご連絡をお願いします。

        事後でも構いません。


メールはトップページ右下の「お問い合わせはこちら」から。

Q&Aの最終更新日 : 2017-09-15